二十四節気のひとつ、大寒。一年で最も寒さが厳しい時期とされ、武道の寒稽古も大寒に行われています。
 この日に生まれたたまごは、昔から「食べると健康に暮らせる」といわれ、「寒たまご」として珍重されてきました。寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるからです。
  また大寒から5日間は、中国では「鶏始乳」と呼ばれ、鶏がたまごを抱き始める時期とされています。寒たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあるのです。そのため風水の世界では、「寒たまごを食べると金運が上昇する」ともいわれています。
 今年の大寒は1月20日。この日生まれたたまごには、おいしさの他に金運もプラスされているかも?
 寒さに負けず頑張る鶏たちが生んだ「寒たまご」が、今年の「しあわせ」をあなたに運んできてくれますように。
 ちゃたまやでは、この「大寒たまご」を1月20日に販売いたします。現在ご予約を承っております。下記をご覧ください。
★ご予約連絡先★
ちゃたまや (am10:00〜pm6:00)
 tel 0267−51−5810
 fax 0267−51−5811

Eメール:bef@chatamaya.com 
(件名に「寒たまご予約」とお願いします)
※地方発送も承ります。
詳しくはちゃたまやオンラインショップをご覧下さい

このページのTOPに戻る